20210405_AkamatsuRintarou-387_mono-min.j

Rintaro Akamatsu Piano Collection Vol.5 Souvenir フランスの詞

2021/3/12発売

OLP-05.jpg

定価

発行日

レーベル

配信サービスによる

2021年3月12日 

Office La PARADE

情報

収録日=2020年6月28日、9月1~2日

収録場所=Studio PARADE
使用楽器=YAMAHA C7
エンジニア=谷崎洋昭
調律=谷内尾誠

形態

インターネット配信
https://lnk.to/PianoCollection_Vol_5

過ぎ去りし日々、愛のことば

赤松林太郎のデジタルアルバム第5弾は、フランスの女流作家シドニー=ガブリエル・コレットと、彼女を主人公にした映画「Colette」(2018年)の音楽にインスピレーションを受けたオマージュという。ここでもまた、シリーズを通じた赤松のストーリーテラーとしての巧みさが炸裂して、編まれた一遍の物語はこのうえなく美しい。題して「フランスの詞」。

それにしても、シャブリエ、フォーレ、イベール、プーランクとは、魅せてくれる。泣かせてくれる。まさに自らの言葉で<フランス>を体現してみせた名工たちである。また、かすがいに打ち込まれた他の3作の選択と配置の妙はどうだろう。トーマス・アデス、木下牧子、そして武満徹をこの物語に溶かし込もうという発想は恐ろしさすら感じさせる。自由自在、天衣無縫。

青春を過ごした景色。フランスの空、パリの街角、セーヌの水面に映る人々。過ぎ去った遠い日々に寄せた、限りない愛のことば。憂愁を閉じ込めた、赤松の心の旅。〔加藤哲礼〕

CD/ALBUM

CD / アルバム