20210405_AkamatsuRintarou-387_mono-min.j

Rintaro Akamatsu Piano Collection Vol.6 こどものための小品集 2021

2021/6/4発売

S__3268842.jpg

定価

発行日

レーベル

配信サービスによる

2021年6月4日

Office La PARADE

情報

収録日=2021年3月30日~4月1日
収録場所=Studio PARADE
使用楽器=YAMAHA C7
エンジニア=谷崎洋昭
調律=谷内尾誠

形態

インターネット配信https://lnk.to/PianoCollection_Vol_6

更なる音楽の喜びへの扉を開くカギがここに

膨大なレパートリーと知識を有し、常に圧倒的なステージと見識の深いレクチャーを展開している赤松林太郎。すでに“ピアニスト”の枠を超えた活動の幅広さ、内容の濃さは、常に挑戦する姿勢を崩さない彼の人生経験の豊かさそのものである。
2020年に突如世間を騒がせた新型コロナウィルスとその影響により、多くの音楽家たちが苦境に立たされた。赤松も当然その一人なのだが、彼は決して歩みを止めることはなかった。この年にプライベート・レーベルを設立し、デジタル音楽配信をスタート。こだわりぬいたプログラミングと徹底的に磨き抜かれた演奏をより多くの人が自由に楽しめるようになった。その第1弾である『Rintaro Akamatsu Piano Collection Vol.1 こどものための小品集 2020』に携わらせて頂けたことは私にとって、この上なく光栄なことであった。そこからあっという間にVol.5までリリースされ、この度のVol.6のリリースである。再び寄稿させて頂けることに深く感謝したい。
厳しい世の中の状況はいまだ続き、先行きも不透明ではあるが、赤松は常に音楽を聴く喜び、奏でる感動を様々な形で発信し続けてくれている。それが音楽に関わるものにとってどれだけの希望となり、また勇気を与えてくれることか。彼の活動の一つ一つが、音楽は常に人が生きる上で大切なものであるということを実感させてくれるのである。
今回のVol.6は2021年度のピティナ・ピアノコンペティションの課題曲をまとめたものだが、Vol.1と同じく、決してコンペティション参加者にとっての「お手本」ではない。音楽と共に生きることがどれだけ素晴らしいことか、作品に真摯に向き合うことがどれだけの感動を呼ぶのか。そしてそこから導き出される唯一の演奏がどれほどの人々の心を打つのか… 様々なことに出会わせてくれるものだ。きっとこの演奏を聴いた人は「こう弾きたい」と思うことだろう。もちろん最初はその模倣から入ろうとするのもいい。しかし最後には、自分がこの演奏から受けた感動を、自らの演奏で誰かに届けることができることを目指してほしいと思う。赤松の磨き抜かれた音色の美しさ、メロディとハーモニーのバランス、そしてそれを支える生き生きとしたリズム… それらは作品の魅力と本質を伝えてくれるだけでなく、更なる音楽の喜びへの扉を開くカギになってくれるはずだ。〔長井進之介〕

CD/ALBUM

CD / アルバム